開催レポート

5月13日(日)PSP恵比寿講座

午前の部は松邑講師の担当で始まりました。
いつもに比べて男性の方が多く、はじめての体験という方が多数でした。
ご夫婦仲睦まじく参加され、一時も離れたくないと云うことで、お二人が並ぶ席の確保のため、席替えのお願いなど、担当者はてんてこ舞いでした。
受講生の皆さん、少し緊張気味でしたが、講師のユーモアに富んだ進行に打ち解けて、和やかな雰囲気で会場は盛り上がりました。
やや1名少し経験があるようで、講座が始まる前からソフトを入れたり出したり、講義が始まるとどんどん先に進み、時に「ギブアップ」。
アシスタントも進みすぎるのを抑えるのに一生懸命の様子が伺えました。
この基礎講座体験で、「ちょっとショット」の午後の講座にも参加したいという方が続出。
好評をいただき、嬉しい講座となりました。

午後の部は寺坂講師初デビューの講座。
滑り出し好調、最後まで好調で終了しました。
受講生は27名(ここでも仲睦ましいご夫婦が参加)でしたが、ゲームははじめてという方が多かったようです。
ここでは、私の知人(パソコン講座の受講生)が4名参加してくれました。
ご予約席と「名札」を置き、席を確保までは良かったのですが、
私の席の5名全員が「PSP」を触るのが初めてだったため、なかなか一緒に進行できないので、苦慮。
講師の顔色を見ると、そろそろ時間を気にしている様子。
それでも、まだ「OK」サインが出せないもどかしさ、慌てない慌てない!
そして、無事終了。
最後に、受賞式のビデオを放映して大爆笑で締めました。

受講された皆さんは講座が終ると、やはり値段が気になる様子、いろいろと質問を受けました。
賞品を獲得した人はもちろん、受講生全員満足されて帰られました。

レポート:結縁昭彦

ゴールデン・ウィークの余韻も残る5月13日、恵比寿の読売・日本文化センターで『ちょっとショット講座』が開催されました。午前と午後の2回講座です。

午前の部担当の重久講師は、要領よく、説明のポイントをコンパクトにまとめて講座を進行していきます。その結果、受講者にとってはフリータイムが増えて大満足。ちょっとショットのフレーム写真の面白さに受講者もビックリ。面白いフレームを見つけてはどれで撮ろうかと、思案されている様子が、実に楽しそうでした。カメラを縦にしたり、写真をズームにしたりと、今日参加された30名(午前、午後とも15名ずつ)のみなさんは、ちょっとショットを使いこなし、楽しんでおられました。フリータイムがうまく生きました。午後は講師デビューの大泉さんが担当です。落ち着いたしゃべり方で説明も上手です。早速、大泉さん独自の工夫が講座で出ました。受講者に○△□×のボタンを順番に押す体験をして慣れてもらいました。この順だと元の画面に戻るので進行に混乱がないからです。

今日のちょっとショット講座は、午前、午後ともフリータイムを多くする工夫をしたことで、受講者の体験時間が長くなり、楽しい90分間となりました。

レポート:岩田靜美

講座の様子
講座の様子
講座の様子

講座の様子
講座の様子
講座の様子
 

5月13日(日)

開催地 東京 主催 読売・日本テレビ文化センター
会場 読売・日本テレビ文化センター恵比寿
東京都渋谷区恵比寿南1-5-5
アトレ恵比寿7F(JR恵比寿駅と直結)
日時・定員 5/13(日) “PSP”講座
1回目 午前11:00〜午後0:30
2回目 午後1:30〜午後3:00
定員:各30名

5月13日“ちょっとショット”講座
1回目 午前11:00〜午後0:30
2回目 午後1:30〜午後3:00
定員:各20名
対象 いずれも40歳以上の方
参加費 無料
締切 4月27日(金) 必着 4月28日(土) 当選ハガキ発送をもって当選者発表に代えさせていただきます
お申し込み
募集広告

募集広告
募集広告です。
クリックすると拡大します。
ハガキまたはFAXにて
〒、住所、氏名、年齢、電話番号、希望日時と  “PSP”講座 / “ちょっとショット”講座 の別を明記の上
※ペアでの応募も可。応募の際にその旨を明記して下さい。

ハガキ宛先:〒150-0022 渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿7F
読売・日本テレビ文化センター『諸兄、ゲームやろうぜ!』係

FAX 宛先:03-3473-2100
読売・日本テレビ文化センター『諸兄、ゲームやろうぜ!』係
お問い合わせ 電話にて 読売・日本テレビ文化センター恵比寿 03-3473-5005
(受付時間:午前10:00〜午後5:00 4/29〜5/5休館)

※ 「ちょっとショット」講座とは?
“PSP”用カメラ「ちょっとショット」を使って、PSPの大画面で写真やビデオを撮り、PSPで面白編集を体験する講座です。