開催レポート

今年2回目の開催!四日市の楠プラザで『親子で楽しむテレビゲーム講座』

 本年2月に開催されたPSP講座に続き、今回はPS3講座が四日市市「楠プラザ」で開催されました。私も前回に続き2度目の参加です。

 前回のPSP講座は『久寿学び塾』というサークルの皆さんが対象。平均年齢74.9歳と高齢の方が多く、我々シニアインストラクターよりも、まさしく諸兄(諸姉)先輩方の集まりでした。でも皆さん、元気溌剌。ゲーム機の操作に戸惑いながらも、「脳トレ」「みんGOL」を充分に楽しんでおられたのを思い出します。

 今回はPS3を使って、「親子で楽しむテレビゲーム講座」として開催されました。参加されたのは、お母さんと子どものペアが1番多く、ついでお父さんやおばあちゃんと一緒に来たファミリーの方々、それと前回も参加された『久寿学び塾』の83歳と78歳のご婦人二人です。

 講座はほぼ満席の状態。興味津々の子ども達の笑顔に交じって、若干不安そうなお母さん方の、緊張した雰囲気のなかで開始されました。その緊張は、講座開始前に松邑講師から、座席順の1番にはお母さんが座るように、と指示があったことが要因かも知れません。

 あとで松邑講師に聞いたところによると、お母さんを1番席にした理由は、全体の進行を同じスピードで行うための工夫で、1番席のお母さんが主な操作を行い、子どもはプレイのみに集中させるように考えたそうです。

 この工夫が功を奏し、子どもが半数以上を占める講座でしたが、まったく混乱することなくスムーズな進行ができ、皆さん、ゲームを充分に楽しまれたようです。

 ゴルフコンペでは、「−1」の好成績が3人も出て(小学生・母親・おばあちゃん)、レベルの高い試合となりましたが、優勝者は講師の判断で“年齢の若い順”と決めて表彰。これも「親子で楽しむテレビゲーム講座」の主旨に合うもので、全員が拍手拍手で、笑顔で終了となりました。

 今回は、初めての「親子講座」でした。
従来型の進行内容では、ぴったりとフィットしないことから、進行役である講師が、臨機応変に状況を見ながら、加える工夫・削る工夫をしながら進行しました。

 “いかに参加者に楽しんでもらうか”を念頭に置く大切さを、改めて痛感しました。アシスタントの役目で経験したことが、つぎに自分が講師を務めるときの糧となり、幅が広がるのだと考えさせられた講座でした。

                          レポート:對木 隆

講座の様子
講座の様子

講座の様子
講座の様子

講座の様子
講座の様子
 
開催地 三重県四日市市 主催 楠総合支所 楠プラザ
会場 楠プラザ
三重県四日市市楠町北五味塚1211-1
日時 12月6日(土) PS3講座
1回目…11:00〜12:30
2回目…13:30〜15:00
申込み・問い合わせ 申込みは終了しました。