『大人のテレビゲーム講座』のちょっといい話

『楽しかった♪ また参加したい!』四日市・楠プラザで開催

写真:中日新聞
中日新聞

伊勢新聞
伊勢新聞

四日市で、講座史上初、2つの新記録が誕生しました!

  1. 参加者の平均年齢が最高! 平均年齢74.9歳
  2. 全員(100%)がゲーム未経験者 通常は6割ほど

2008年第1回目の講座は、2月20日(水)の三重県四日市市楠町にある楠公民館内・楠プラザで開催されました。楠公民館が毎月行っている「久寿学び塾」という高齢者向け生涯学習プログラムで、講座にゲーム体験を取り入れたのは初の試み。

初めてゲーム機をさわるという方ばかりで、受講者も講師もドキドキの講座がスタートしました。そして、90分後の感想といえば?「楽しい♪ また参加したい」「意外と簡単だった」など、嬉しい反応ばかり。
帰宅後も主催者の楠公民館に「楽しかった、ありがとう」「刺激があって面白い、今後も開催してほしい」とお礼の電話があいついだとのことです。

この講座の様子が、翌21日付け中日新聞と伊勢新聞に掲載されました。受講者の方々の笑顔が何よりも満足度を表していますね。また、楠公民館には他の公民館や自治体からも問い合わせがきているそうです。

PSシニアインストラクターにとって一番うれしいのが「楽しかった!」「おもしろい!」という言葉や、講座に参加された皆さんの笑顔です。

“家族や友人や、子や孫世代と『みんなで楽しく』ゲームを楽しんでほしい!”という思いを胸に日本全国、あなたの町にも伺います。

そしてもう一つ記録が…。
昨年4月からの平成19年度1年間の受講者数が、この四日市・楠プラザ講座で1,000名を超えました。2003年の開始時からの通算では約3,500名もの方々が、この講座に参加されました。今度はあなたが体験してくださいね。

この講座の様子が四日市ケーブルテレビで放送されました。こちらでご覧ください。


ちょっといい話バックナンバー